menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

便秘解消にペットボトルマッサージがおすすめ|〇〇運動が目的

便秘を解消する方法はとてもたくさんあります。個々の体質によって、ハーブを使ったりツボを刺激したりなど、色々あります。

ペットボトルを使ったマッサージ法は、お腹をあたため便秘を解消したり予防したりする効果があります。

もちろん、絶対確実というわけではありません。個人の体質や年齢などで、効果が出ることもあれば時間がかかることもあるからです。

ペットボトルを使ってマッサージを行う

実際にどのようにしてペットボトルでマッサージするのでしょうか。やり方はとても簡単でだれでもできます。

一つの方法は仰向けに横になって行います。ペットボトルに温かいお湯を入れておきましょう。それをお腹にあてて上下方向に転がすようにします。痛みのない程度に軽く圧力をかけるように行いましょう。

次にふくらはぎの下にペットボトルをおき、足を上下に動かしふくらはぎが刺激を受けるようにします。お湯が冷たくなったころが終了の目安です。これにより、お腹が温かくなり血行も良くなります。

腸に心地よい刺激を加えることで、蠕動運動をしやすくさせることが目的です。毎日数回行うようにします。睡眠前に行うなら、心地よい入眠の助けにもなるにちがいありません。お腹には便秘に効くツボがたくさんあります。

温めてマッサージを行うことで、便秘解消につながります。数日で効果が出る事もありますが、一定の期間続ける事で実感が出るでしょう。

スポンサードリンク

ペットボトルマッサージで気をつけること

ペットボトルマッサージはだれでにも簡単にできる方法ですが、いくつか気をつける点があります。

たとえば、使用するペットボトルはお湯を入れても変形しない物を選ぶ必要があります。一般的に水や炭酸飲料が入っていたものは、高い水温に耐えることができません。お茶や紅茶が入っているものは大丈夫です。

低温だとはいえ、火傷に注意しましょう。一か所に長くあてていると、低温火傷することがあるので常に動かしながら行うことがポイントです。

お腹だけでなく、背中側もマッサージすると一層効果的です。うつ伏せになって、腰の周辺をマッサージしましょう。もちろん誰かにやってもらう必要があります。入浴前よりも入浴後の方が理想的です。

マッサージによって、血行やリンパの流れが良く整えられます。行った後に入浴すると、せっかく整った状態が崩れることにもなりかねません。マッサージの後は十分な水分を補給するようにしましょう。

便秘を根本的に解決するために

ペットボトルを使ったマッサージをすることで、腸をあたため本来の機能を取り戻す助けになります。

必ずしも即効性があるわけではないため、一定の期間続けることが必要です。それはツボや指圧マッサージと同じです。肩こりなどは一度の指圧で良くなるかもしれませんが、体調を整えるための指圧は時間がかかります。

ペットボトルマッサージ以外にも生活習慣の改善も大切です。便秘予防になる食生活やストレスを上手に発散させることも欠かせません。

朝いつもより早起きすることで、出やすい環境を作ることができます。特に女性は慌ただしい環境だと、腸が動きません。朝、コーヒーを片手に新聞でも読みながらのんびりすることで、便秘が解消することもあります。

時には、便秘そのものがストレスになることもあります。長期にわたって排泄していないことで、心理的な不安を招くからです。焦ると余計に悪循環になります。腸は優れた収縮性を持つ器官ですから心配せずに待ちましょう。

スポンサードリンク

まとめ

便秘に悩まされている人は世界中にたくさんいます。便秘であっても通常の生活を送ることできますが、様々な弊害をもたらします。

不要物が排出されないのは正常な事ではありません。辛抱強く体質を改善し、スムーズな排出ができるよう、多方面からアプローチしていきましょう。

意外な方法が自分に効果的である場合もあります。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 便秘にマッサージ!看護の現場でも行う腹部から自然な排便を促す方法…

  2. 便秘に温罨法をいつやるのが効果的?座薬より負担のない解消法あり!…

  3. 便秘でお腹が痛いのに便が出ない!痛みを和らげ出しやすくするには?…

  4. 便秘とむくみ、冷え性は関係があるの?○○の乱れが症状を悪化させる…

  5. 便秘解消に『夜ヨーグルト』美肌効果もアップするおススメの方法とは…

  6. 【便秘解消に飲み物レシピ】腸を刺激して排便を促すには○○を加えて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る