menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

断食後の回復食でリバウンドしないための注意点|何を食べれば良いの?

断食後の回復食、何を食べていい?

断食後、最初の食事は、重湯にするようにします。重湯は消化も良く、水分と糖分を効率良く吸収することが出来ます。次に食べるべきものは、お粥や、だし汁、具のない味噌汁です。

味噌汁は、なるべく薄味にし、だしの味を楽しむようにしましょう。また、お粥は、塩分が必要である場合には、梅干しなどを食べるようにしましょう。

断食終了、2日目からは、少しずつ固形物も食べるようにしましょう。ただし、消化に時間の掛かるものや、負担の掛かるものは避けるようにしましょう。味噌汁に具材を入れる場合には、あらかじめ細かく切るか、柔らかく下ごしらえをするようにしましょう。

回復食では、肉や、魚などの動物性タンパク質や、揚げ物など、消化に時間が掛かるものや、カロリーの高いものは避けたほうが無難です。また、味付けは出来るだけ薄味にするようにしましょう。素材その物の味を楽しむようにしましょう。

スポンサードリンク

回復食を食べる日数は?

断食後の回復食は、断食を行った日数と、同じ日数にするようにしましょう。つまり、2日間断食を行ったという場合には、回復食も同じ日数の2日間必要といういうことになります。

空腹に体が慣れている状態から、すぐに普段の食事に戻した場合には、体に大きな負担をかけてしまうことにもなりかねません。

そのため、消化機能を取り戻すという意味も込めて、食事をしなかった日数と同じ日数をかけて徐々に普段の食事に戻していくようにします。なお、回復食を食べ始めると、内臓が活発に動くため、強い空腹感を感じることがあります。

その場合には、ゆっくりと噛む回数を多くして、食べるように心掛けるようにすると良いでしょう。また、適度に水分を摂取することにより、空腹感を和らげることが出来ます。

断食の効果を得るためには、回復食が非常に大切であるということを意識するようにしましょう。

スポンサードリンク

回復食でリバウンドしないための注意点

断食を行う理由として、最も多いのがダイエットではないでしょうか。摂取カロリーを制限することにより、一時的に体重が減少したり、見た目が痩せて見える、便秘が解消するという効果を期待することが出来ます。

しかし、食べ物を十分に摂取しないことにより、取り入れることが出来る栄養素が少なくなっている状態となります。そのため、少ない量で栄養素を十分に吸収しようと、栄養の吸収率が高くなります。

その状態で、普段の食事に戻してしまうと、同じ量を食べていた場合でも、吸収される栄養が多くなってしまいます。

また、糖質が多く含まれる食品を食べることで、血糖値が急激に変化し、食欲を抑えることが出来なくなる可能性があります。意のままに食べてしまうと、リバウンドにつながりますので、注意が必要です。

固形物を食べないことで、胃が小さくなります。食べる場合には、胃に合わせて量をコントロールするようにしましょう。ゆっくりと食べることで、満腹感を得やすくなります。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 断食の効果は半日でも表れる?半日断食ダイエットの効果はコレだ!

  2. 断食ダイエットの方法を教えて!断食前・断食中・断食後の注意点

  3. 3日間断食の効果は?ニキビや吹き出物、美肌効果も期待できる!

  4. 断食をホテルでするメリット|断食道場との違いはあるの?

  5. 断食ダイエットの効果を教えて!メリットやデメリットはあるの?

  6. 断食の効果と見た目の効果の現れやすい場所・現れにくい場所は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る