menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

便秘でめまいや耳鳴りが起こる?発生する理由、体調を改善するには?

肉ばかり食べるなど、野菜をほとんど食べない生活を送っていると、便秘になることがあります。

ただ単に便が出にくくなるだけと思っている人は多いですが、自律神経が乱れたり、血行不良になるので、身体にさまざまな不調が起こるようになります。

めまいや耳鳴りなどの症状は、実はお腹に便が溜まっていることが原因の場合もあるので、注意するようにしてください。

便秘でめまいが起こる理由とは

便秘の際にトイレでいきむと、めまいがしてふらつくようなことがありますが、これは脳神経の一種である、迷走神経反射に原因があります。ストレスや強い痛みやストレスなどを感じると、迷走神経が刺激され、血圧や心拍数が急に低下するので、めまいが引き起こされるのです。

ひどいときは急に意識を失う、血管迷走神経失神を起こすので注意しなければなりません。大抵は時間が経てばすぐに良くなりますが、トイレで失神して、頭を打ったりすると大変なので、なかなか出ないからといって、無理にいきむのはやめましょう。

便秘が何日も続くと、便が水分を失って固くなるので、余計に出にくくなります。それを出すために力を入れたくなる気持ちはわかりますが、強い刺激を受けると、めまいが起こりやすいので注意が必要です。

自律神経のバランスが乱れにより、便秘やめまいに悩まされることもあるので、改善したいときは正しい生活習慣を送るようにしましょう。

スポンサードリンク

便秘になると耳鳴りが発生することがある

まったく関係ないことと思われがちですが、便秘が続くと耳鳴りが発生する人が少なくありません。

自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になるので、副交感神経の働きが弱まります。胃腸の働きが低下し、ぜん動運動も弱まるため、便を排出しにくくなり、便秘になります。

耳鳴りは自律神経の乱れが原因なので、この2つの症状にはかかわりがあります。

便秘になると、イライラしやすくなったり精神不安定になるので、ストレスが溜まりやすくなります。血の巡りも悪くなるので、冷え性や肩こり、倦怠感などに悩まされることもあります。

これらは、すべて耳鳴りの原因になるので、治したいときはまず便秘を改善するようにして下さい。

睡眠不足の人や疲れがたまっている人は、腸の働きが悪くなったり、排便のリズムが乱れやすくなります。生活習慣を見直せば、便秘と同時に耳鳴りも治る可能性があるので、薬を飲んだり、病院に行く必要がなくなります。

お腹の調子が良くなれば体調が改善する

便秘気味の人は、めまいや失神、耳鳴りなどが起こることがあるので、体調を改善したいときはまず、便秘を治すことから始めましょう。便秘は生活習慣の乱れが主な原因なので、偏食はやめて、バランスの良い食事を摂るようにして下さい。

食物繊維が豊富な野菜を食べたり、乳酸菌が豊富なヨーグルトやドリンクを摂取すれば、腸内環境を整えることが出来るでしょう。睡眠不足も良くないので、夜遅くまで起きているのはやめて、早めに布団に入るようにしてください。

疲れやストレスが溜まると、血行が悪くなるので、お腹の調子がスッキリしなくなるだけでなく、めまいや耳鳴りの原因にもなります。マッサージサロンに行ったり、趣味を楽しむなどで、疲れやストレスを溜めないようにしましょう。

規則正しい生活を送るよう、心がけていれば、血の巡りが良くなり、老廃物を排出しやすくなるので、お通じがきちんと来るようになります。いきまなくても楽に出るようになりますし、自律神経が乱れることもなくなり、めまいや耳鳴りが起こらなくなるはずです。

スポンサードリンク

まとめ

便秘になると、めまいや耳鳴りが引き起こされることがあるので、早めにお腹の調子を整えるようにして下さい。生活習慣が乱れている人ほど起こりやすいので、偏食をやめて、夜は早めに寝るようにしましょう。

さらに疲れや、ストレスが溜まらないように気を付けて生活していれば、便秘が解消され、めまいや耳鳴りも起こりにくくなります。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 便秘薬の種類と特徴|塩類下剤や刺激性下剤、漢方薬など検討中の方へ…

  2. 便秘や下痢で腹痛が苦しい!繰り返し起こる原因は腸内環境が悪化中?…

  3. 便秘に即刻性のある食べ物!2種類の食物繊維と腸に働きかける方法

  4. 便秘にマッサージ!看護の現場でも行う腹部から自然な排便を促す方法…

  5. 便秘に温罨法をいつやるのが効果的?座薬より負担のない解消法あり!…

  6. 便秘解消に『夜ヨーグルト』美肌効果もアップするおススメの方法とは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る