menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

【口臭】飲み物が原因になる悪臭を弱め、黄ばみや歯垢を抑えるには?

口臭にはたくさんの原因がありますから、注意してください。

普段から人が飲んでいる「コーヒー」や「紅茶」などの飲み物は意外と臭いの原因になってしまいます。原因のひとつは色素沈着です。

歯はコーヒーや紅茶に含まれている色素に影響されやすく、黄ばみやすいのが問題です。

飲んだ後にすぐに歯を磨けたら最良です。「ニンニク入りスープ」や「キムチスープ」には特に注意してください。

コーヒーや紅茶は黄ばみや歯垢になりやすい、その理由

普段から「コーヒー」や「紅茶」はリラックスタイムの時や、友達と楽しむ時には飲み物が欠かせません。

人気がある飲み物ですが、実は口臭の原因になりやすいから注意してほしいです。理由がありますが、対策すれば問題なく毎日飲むことができます。

コーヒーや紅茶にはたくさんのポリフェノールを含んでいます。色素と呼びますが、それはとても身体に良いです。

ポリフェノールをたくさん飲んで健康になって欲しいですが、歯にはあまり良くないのは困ったところです。歯は意外と淀みやすく、色素を多く含む飲み物から影響を受けて、黄ばんだり茶色に変わるのがデメリットです。

黄ばみや歯垢は、意外と口臭トラブルになりやすいのが落とし穴です。歯に黄ばみが付くと言うことは、歯の周りに層ができるということになります。

その層には雑菌や虫歯菌がビッシリ付いていて、放置すると菌が繁殖して口臭の原因になってしまいますから、注意してください。

スポンサードリンク

スープの中には口臭になる原因があります、ニンニク等

口臭の原因になるのはコーヒーや紅茶だけではありません。コンソメスープやお吸い物に入れる「ニンニク」も口臭の原因になってしまいます。

ニンニクは強烈な臭いがしますが、なかなか消えないのが特徴だと思います。少しの量でも口の中に残りますから、飲んだ後に人から見抜かれてしまうことは、多いのも問題です。

ニンニクに独特の成分を含みますが、簡単に消せる臭いではありません。特にこれは注意してもらいたいですが、食品や植物エキスの中で臭いはトップクラスの臭いです。

コーヒーや紅茶なら刺激臭がないからまだ良いですが、ニンニクは強烈でプロポリスでも隠しにくいと言えます。口臭を気にするならニンニク入りのスープは飲まないのが最適ですし、体臭にも繋がります。一日や二日は胃や腸に臭いが残ります。

他には「キムチスープ」ですが、これもニンニクと良い勝負です。しかし、体内や胃に何時までも残る臭い物質は少ないため、適量なら問題ありません。

どうしても毎日飲みたいなら、おすすめの対策で解決

コーヒーや紅茶は飲んだ後に歯磨きをすれば、問題は解決します。飲んだ後にすぐに黄ばみや歯垢にはなりませんから、安心してほしいです。

けれども怖いのは、飲んだ後に放置してしまうことです。唾液には「ペリクル」という成分を含んでいて、歯を守るために薄い膜でコーティングしています。

コーヒーや紅茶にはポリフェノールが含まれていますから、ペリクルと混ざって黄ばみの原因になります。この仕組みはぜひ覚えて下さい。歯磨きすれば色素を絡ませたペリクルを取り除けます。

次にニンニク入りスープやキムチスープですが、どうしても飲まなくてはいけない時におすすめしたいのは「プロポリス原液」です。完璧には消せませんが、プロポリスを使うことでかなりマシに出来ますから、おすすめします。

その原液は悪臭の原因物質の臭いを抑える、菌の繁殖を抑えてくれますから、口臭を弱めてくれるのがポイントです。合わせてクロロフィル入りのサプリや粉末を飲むのもおすすめしたいですが、クロロフィルは悪臭に働きかけて、胃を整えてくれます。

スポンサードリンク

まとめ

口臭の原因は複数あり、「コーヒー」や「紅茶」、「ニンニク入りスープ」と「キムチスープ」などが挙げられます。

コーヒーや紅茶はポリフェノールを多く含み、唾液に含まれるペリクルと絡み合って、黄ばみの要因になる膜を張るのが問題点です。

歯磨きで解決してください。ニンニクやキムチスープの臭いは強烈です。プロポリス原液やクロロフィルで対処するとマシに出来ます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 【口臭】口唇ヘルペスになった原因は?口内環境や臭いと関係はあるの…

  2. 口臭の原因となる食べ物【種類別の口臭対策】できていますか?

  3. 口臭はネバつきが原因?口内の雑菌が増える時とドライマウスの関係

  4. 口臭を予防する食べ物|タイミングと原因を知っているだけで効果UP…

  5. 口臭予防サプリの選ぶ基準|原因によって有効な成分が変わるので注意…

  6. 口臭が酷い女性は多い?ストレスや生理の影響から病気の可能性まで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る