menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

口臭を予防する食べ物|タイミングと原因を知っているだけで効果UP

相手に自分の口臭がにおっていないか、気になると会話に集中することができなくなります。

自信が持てなくなり、発言を控えるかもしれません。口臭は歯磨きをしてだけでは解決しません。

歯磨きをしてしばらくすると、また気になって来るという人もいます。ある種の食べ物の成分は臭いの元に作用するため、予防に力を発揮します。

食べ物が口臭の原因となるとき

口臭の原因はいろいろあります。たとえば多くの人はニンニクの臭いが気になります。ニンニクを食べた後に口の中に臭いが残っているように感じるでしょう。

そのため一生懸命歯磨きしますが、すぐに効果は消えて翌日まで残ることもあります。つまり原因は口の中にあるのではありません。

実はニンニクは噛んで飲み込んだ後も体の中で成分が形を変えて臭いを発しています。胃の中に入ったあと、独特のガスのようなものを発生させ、食道に上っていき口から出てきます。

料理をする際のニンニクの香りは食欲を誘う魅力的なものであるのに、食べた後は不快に感じるというのは非常に不思議です。

さらに腸に進んだあとも、別の物質を放出しつづけます。そのため、数日間にわたって口臭に悩まされることになります。

ニンニクを例に挙げましたが、食べ物が引き起こす場合の口臭は同じような流れです。食べ物が引き金となることはわかっている場合は避けることが一番の予防です。

スポンサードリンク

口臭を予防する食べ物

食べ物が口臭の原因となる場合もありますが、反対にある種の食べ物の成分を利用して予防することもできます。

口臭を根本的に抑えるために、酵素が効果的です。酵素は消化吸収を助けるため、口臭の元となる成分も分解してくれます。

酵素が多く含まれているのは、生の野菜や果物です。果物ではリンゴやパインなどが特に効果的です。牛乳やヨーグルトなどの乳製品に含まれている成分も助けになります。

たとえば玉ねぎやネギをたくさん食べたあとも、数時間にわたってにおいが残ります。リンゴを一個かじるだけで、においがなくなり口の中がさっぱりするはずです。

ポイントはにおいの元を分解し、排出することです。消化を助けると言われている食べ物なら大抵予防になります。

消化を助けるためには、十分な咀嚼も欠かせません。ドリンクではコーヒーや緑茶も効果があります。お茶を飲んだ後は、茶葉をガムのようにしてしばらく噛み続けましょう。

スポンサードリンク

口臭予防の食べ物を食べるタイミング

それらの予防食品をいつ取り入れれば良いでしょうか。食事と同時、食後に摂取することが大切です。

食べ物を使った予防法は簡単であるだけでなく、ヘルシーでもあります。たとえば焼肉を食べるときは、肉を食べながらサラダも一緒にいただきましょう。

ドリンクもアルコールより烏龍茶の方が予防になります。デザートは甘いスイーツよりも、たっぷりのフルーツが理想的です。

さらに食後に一杯のコーヒーやお茶を飲むことで、自然に予防ができます。

市販されている口臭予防タブレットやガムは、生野菜や果物に含まれている成分が利用されています。実際の果物や野菜はガムなどよりも、ダイレクトに成分が吸収できるため効果的です。

中には胃腸が正常に機能していないことで、口臭が生じることもあります。胃の痛みを感じるときは口臭も生じます。胃腸にアプローチした対策が欠かせません。

原因を突き止め、胃にやさしい食生活を心がけるようにしましょう。

口臭は主に取り入れた食べ物や胃腸や口腔の状態と関係があります。予防には歯磨きだけでなく、臭いの根本原因を取り除くことは欠かせません。

東洋医学では口の臭いをかいで、病気を診断し薬が出されます。

体調を告げるメッセージとも言えます。一時的な口臭であれば、生野菜や果物を一緒に取り、しっかりと咀嚼することが予防につながります。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 口臭ケアのおすすめ用品は?マウスウォッシュやスプレータイプなど

  2. 口臭があり頭痛や吐き気の関係は?脱水症状や歯肉炎など病気の可能性…

  3. 口臭と頭痛は病気と関係|同時に症状が出た時に可能性がある原因は?…

  4. 口臭はネバつきが原因?口内の雑菌が増える時とドライマウスの関係

  5. 口臭予防は飲み物で臭いを消す!身近なモノで出来る【3つの方法】

  6. 【口臭】口唇ヘルペスになった原因は?口内環境や臭いと関係はあるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る