menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

なる前に知っていれば…効果的なぎっくり腰にの治し方!

ぎっくり腰は突然なってしまうもので、動けないほどの激痛が走ります。事前に対処方法を知っておくことが、とても大切です。

ぎっくり腰になってしまった時の治し方について、いくつか紹介します。応急処置として行い、痛みが軽減されない場合は、必ず医療機関を受診するようにしてください。

炎症が起きている箇所を冷やす

まず、ぎっくり腰になってしまったら、炎症が起きている箇所を冷やして下さい。この時、長時間冷やすのは良くないので、氷枕や湿布などで短時間冷やしましょう。時間の目安としては、約15分程度、冷やすと良いです。

そして、しばらく時間を空けてから、また冷やすようにします。この時、リラックスした姿勢で冷やすようにして下さい。無理な姿勢で、余計に悪化させないように注意しましょう。

スポンサードリンク

身体の血行を良くする

炎症がある程度おさまって、痛みが引いてきた場合は、病院を受診しなくても治るケースが多いです。炎症が治まったら、次の段階はゆっくり湯船に浸かるなどして、身体を温めて血行を良くしていきます。

基本的には、炎症がある初期の段階では患部を冷やし、炎症が治まってきたら、温めて血行を良くするように進めます。まだ痛みが気になるようでしたら、市販の痛み止めの薬も併用して、痛みを軽減させても良いです。

炎症が治まってきたら、軽く運動をして、血行を良くしても効果的です。筋肉が固まってしまうと、再び痛みを発症しやすくなります。腰回りを軽く動かしてほぐしたり、腰痛体操を行うのも効果的です。

そしてぎっくり腰の原因には、腹筋や背筋が弱いこともあげられます。腹筋や、背筋の筋力トレーニングをすることでも予防になります。

スポンサードリンク

病院の整形外科へ

冷やして炎症をとり、温めて血行を良くしても、改善しないという場合は、病院の整形外科を受診して薬を処方してもらったり、注射をしてもらうという方法があります。カイロや整体、整骨院へ行く方法もありますが、まずは整形外科の受診をおすすめします。

病院によってはリハビリをしてもらえますし、他の病気が関係していないかも含めて、検査をしてもらえます。カイロや整体、整骨院では治療行為をすることが出来ず、検査が出来るのも病院だけです。

カイロや整体は、体のゆがみを正して腰痛が起こりにくい状態にしてくれるので、ぎっくり腰になったときよりも、予防のために通うほうがおすすめです。マッサージはぎっくり腰の症状を悪化させる場合もあるので、注意が必要です。

基本手的にぎっくり腰の時は、安静にすることが第一です。ですが寝たままの状態で長時間、同じ姿勢でいることは良くありませんし、症状もなかなか改善しません。少しずつでも、無理のない範囲内で身体を動かすようにしましょう。

痛み止めの薬は、腰痛だけでなく、頭痛や歯痛、生理痛など様々な痛みに効果がある痛み止めがほとんどです。常備薬としてご家庭に保管しておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 仕事のときだけ腰が痛い!普段は痛くないのに何が原因?

  2. 若くても腰痛に?腰が痛い原因はジョギングや、くしゃみ?

  3. 腰が痛いのは尻餅をついてから?原因と解消する方法は?

  4. 腰が痛い!身体に合わないマットレス・ベッドの解消法!

  5. 腰が痛い症状の改善に筋トレは効果的?それとも逆効果?

  6. 右腰の痛みは女性特有の症状でしょうか?原因と解決法!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る