menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

壁ドンより『肩ズン』?ギャップからキュンとなる仕草!

つい最近まで、「壁ドン」というしぐさがモテる、と話題となっていました。こちらの壁ドンは流行語ともなり、ニュースやワイドショーなどでもたびたび話題となっています。「壁ドン」に続く仕草として、「肩ズン」が話題になっています。

壁ドンの次は肩ズン?

壁ドンとは、何かと言いますと、まずドラマなどのシチュエーションとしておなじみとなったあの構図になります。ドラマなどのラブシーンなどでよく使われている構図になります。

まず男性が女性を壁ぎわによせ、そしてそこの壁に手でドンと差さえます。そして棒のようにして体でふさぎかけて斜めになる、そして何かセリフなどをささやく…そういったシチュエーションであり、そういった体制のことをさします。

このシチュエーションは、とても女性にとってうっとりさせられる、そしてしびれるシチュエーションだと話題になりますし、また憧れの男性にこうしたことをしてもらいたい、と話題にもなりました。また流行語ともなりましたね。

しかし、最近では、こうした「壁ドン」ではなく、「肩ズン」というのが今は話題となっておりこれから流行るのではないかと言われて注目されています。そこで、肩ズンと言うのは一体どういったものなのでしょうか。今回は肩ズンについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

肩ズンとは?

肩ズンとはいったいどういったものなのでしょうか。まず肩ズンは、男性が女性の肩に、なんと頭をもたれかけます。そしてうずもれるようにするといった体制のことを肩ズンと言うようです。

こうした体制は一見、壁ドンとは全く違います。壁ドンが男性が女性をリードするような形になるのに対し、肩ズンは、男性が女性にもたれかかるようなしぐさであるといえるでしょう。なぜこのしぐさが人気となっているのでしょうか。

スポンサードリンク

肩ズンのモテる秘密

なぜ、こちらの肩ズンが今から流行るといわれているのでしょうか。まず、こちらのしぐさですが、普段は、強かったり、また頼りがいのある男性が、こうしたしぐさをすることでなんとなくギャップがある、ということになります。

こうしたギャップが魅力的に映るため、モテるとされています。壁ドンとは対照的に、弱い男性をイメージさせる体制となりますが、これは逆にこうしたいつも強い男性のギャップが見れるということで、女性はキュンとさせられるそうです。

このことから、女性もギャップに弱いということが分かります。これからはこちらの体制がドラマなどでも使われたりすることが増えていくのかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 二日酔いメイクのやり方とコツ&カラコンをプラスしてもOK

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る