menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

急に腰が痛いのはマットレスが原因?効果的な寝方は?

通常の腰痛は、腰に負荷が掛かるような姿勢のとき、身体を動かしているときに腰や、背中が痛み、身体を横にするなど腰への負担が軽減する寝方(姿勢)、安静にしているときに腰の痛みが和らぎます。

反対に身体を動かしているときには、腰痛をあまり感じなくて、寝ているとき、身体を横にしている時に腰が痛いことってありませんか?その場合、寝ているときや、起きかけのときに痛みが襲ってくることが多いのではないでしょか?

症状から、原因は寝具?これってヘルニア?遺伝かな?と一度は考えたことがある方も多いと思います。

身体に合わない寝具、寝方が原因なの?

寝具(マットレス)は固めが好き、柔らかいのは苦手など、感じ方や好みが人それぞれ違うのと、実際に寝具(マットレス)が身体に合う合わないは、体型や、身体の症状によっても違ってきます。

確実に言えることは眠ったり、身体を横にするなど、本来、腰への負担が軽減する寝方(姿勢)にもかかわらず、腰が痛む状態まできてしまうと、たとえ身体に合う寝具(マットレス)を使ったとしても『身体に合っていない』と感じることが多くなります。

そして腰痛の原因の大半は、普段の生活からくることがほとんどです。眠っている時、起きかけの時に痛みが走るのは腰痛が酷い状態まで進行してしまった結果です。普段の生活を先に見直す必要があります。

効果的な寝方、眠るときの姿勢

背中や、腰が痛いときの寝方で腰への負担が少ない姿勢は、横向きがベストになります。右を向く形でも、左を向く形でも楽な寝方を取るようにしましょう。仰向けに眠る場合には、膝を少し曲げるようにすると、足の筋肉の負担が減り、腰の筋肉もゆるみます。

膝の下に座布団や、クッションを適度な大きさに丸めて入れてみるのも良いです。一番、腰や、背中に負担が掛かる寝方がうつ伏せの姿勢なるので、腰痛があるときには良くありません。腰椎を圧迫することになります。

スポンサードリンク

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアはレントゲンに映らず、背中や、腰が痛いからと症状からも判断することも出来ないので、椎間板ヘルニアかどうかを調べるには実際にMRIを撮る必要があります。

椎間板ヘルニアと確定しても、まずは原則的に手術しないで治療する保存療法(安静療法、装具療法、薬物療法、ブロック注射、理学療法)が行われます。

  • 安静療法…とにかく安静にして、腰への負担を最小限にする
  • 装具療法…コルセットなどで腰周りのサポート
  • 薬物療法…鎮静剤や、温湿布、冷湿布など
  • ブロック注射…痛みを抑え、圧迫されている神経の働きを抑える
  • 理学療法…温熱療法や、低周波療法など

腰椎椎間板ヘルニアの手術が考慮されるのは保存療法では効果が見られない場合や、筋力の低下や、激しい痛みを伴う場合などになります。治療法は腰痛の症状によって決まるので、ヘルニアだから治療をする!ということはありません。

なので、すぐにMRIを撮って椎間板ヘルニアかどうかを判断するメリットはあまりなく、MRIを撮るのは保存療法で改善が見られなかった場合でも遅くありません。

腰痛は遺伝からきてる?

もともと腰痛持ちの方や、家族のみんなが腰痛持ちの場合、遺伝が影響しているのでは?と考える方もいます。実際に2013年には腰痛遺伝子と呼ばれる『遺伝子CHST3』が発見されています。

かと言って、腰痛は遺伝だけが原因で起こったりはしません。腰痛遺伝子を持っているので、必ず腰痛になるわけではなく、そもそも腰痛は腰に負担が掛かるような(腰痛になるような)行動・姿勢をしなければ腰痛になることはありません。

腰痛遺伝子を持つということは、腰に負担が掛かるような(腰痛になるような)行動・姿勢をしたときに普通の人よりも腰痛になる可能性が高いということです。同じ職場にいるのに、同じような作業をしているのに腰痛になる人と、ならない人がいるのは、その為です。

スポンサードリンク

腰痛の対処法・軽減する方法

まずは安静にする!

背中や、腰の痛みがひどいときには、まずは安静にして、腰椎に負担を掛けないようにして下さい。あまりに背中や、腰の痛みが酷くて眠れないようなときには、痛みが引くまでの間は痛み止めや、鎮静剤などを利用するのも一つの手です。

腰の痛みが出始めの初期の段階では、腰を冷やして炎症を抑えるようにします。痛みがある程度、引いてからは腰を温めて、血行を良くしてあげて身体の回復力を高めることに重点を置きます。

その際に冷湿布や、温湿布などを利用するのも良いでしょう。また寝不足だと身体の免疫力が下がってしまうので、睡眠も十分に取るようにして下さい。

整体や、マッサージは有効?

整体などのマッサージは、症状によっては悪化させてしまうこともあるので、病院の整形外科に行った際に受けてみても大丈夫?か、どうかを確認してみることをオススメします。

また、整体やマッサージなどを受けても良くならない場合には、症状を悪化させてしまっている可能性があります。その場合には一度、整形外科へ診断してみて下さい。

ストレッチや、筋トレは有効?

筋トレは悪化のリスクがあるので、腰痛のときには筋トレよりもストレッチをして、固くなった筋肉を伸ばしてあげるのが効果的になります。腰痛が引いてきたときには、運動も効果的になりますが、ウォーキングなど身体への負担が少いものから初めて、筋力アップよりも筋力維持に重点を置いて行ってみて下さい。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 腰痛持ちは必見?ぎっくり腰とは?予防法と対処法は何?

  2. 右腰の痛みは女性特有の症状でしょうか?原因と解決法!

  3. 腰が痛い!身体に合わないマットレス・ベッドの解消法!

  4. 腰痛で前かがみになると腰が痛い症状が治らない原因3つと改善方法!…

  5. ぎっくり腰の治し方・原因・症状|なったら知っておきたい効果的な治…

  6. 起床時に腰が痛い!ベッド・マットレスが合っていない!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る