menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

下半身を細くする!大転子の効果的な引っ込める方法は?

太ももの出っ張りをどうにかしたい!憧れるタイトなパンツスタイル!

太ももの付け根に大転子という骨があります。この部分が出っ張っていると、下半身太りの原因になります。骨盤というのは、体の中央に位置する重要な部分ですが、日常生活の中で少しずつ歪んでしまいます。大転子も同じで、外側に歪むことにより、見た目にも下半身が太く見えます。

大転子が外へ出っ張っている状態とは、足を真っ直ぐに揃えて立った時に、骨盤の幅よりも、太ももが外へ張り出ている状態です。下半身太りの原因の一つに大転子の出っ張りがあります。骨盤の歪みから見ても、引っ込めることが重要になってきます。

スポンサードリンク

下半身太り、下っ腹が出る原因は何?

特に女性は妊娠出産で骨盤が広がり、月経によっても骨盤が動いています。元々、歪みやすく広がりやすいわけです。広がったままの骨盤だと大転子が横に出っ張り、見た目に太く見えてしまいます。

広がった骨盤には内臓が落ち込みやすく、下腹が出る原因にもなります。更に大転子の周りについている筋肉がうまく働かず、その上に脂肪が溜まっていきます。それがより下半身を太くする悪循環となっているわけです。

下半身を細くするには?手軽に出来る対処法

この大転子を引っ込める方法はあるのでしょうか?一番、良い方法は、骨盤の歪みを治すことです!簡単な対処法として、骨盤ベルトや、骨盤ショーツ、ガードルといったインナーを身に着けることです。

急激な変化はしませんが日々、身に着けることで、これ以上歪むのを防ぐのと、少しずつ骨盤を締めて正しい形へと直していきます。広がっていた骨盤を締めることにより、大転子も正しい位置へ戻っていきます。足の筋肉も効果的に使えるようになるので、引き締まった下半身を手に入れる近道になります。

整体でも、骨盤矯正などを行っているところがあります。下半身太りが気になる方は、まず整体で骨盤矯正を行い、骨盤ベルトを日常生活で身に着けるのも良い方法です。骨盤矯正の方法は、手技によっても若干、異なるので整体に行く前にホームページなどで、どのような方法を行うのかチェックしてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

内ももを鍛えると効果的?今日から出来る下半身太り解消方法

骨盤を締めるのに、足の内ももの筋肉をレッグスライダーのような器具を使って、鍛えることも効果的です。この内ももの筋肉が弱いことも大転子の出っ張りの原因になります。

内ももを鍛えることによって、気になる大転子を引っ込めることが出来て、自然と体を正しい方向へ矯正していくことができます。脚全体に筋肉が程良く付けば、見た目にも健康的で、綺麗に痩せることができます。

整体などで骨盤矯正をしたとしても、普通に生活しているだけで、少しずつ骨盤は広がろうとします。ですから、普段から骨盤が広がらないように注意する必要があります。妊娠出産をしていないのに、下半身がびっくりするほど太くてという人は、日常的に何気なくやっていることが歪みの原因だったりします。

立っている時に片方の足に体重をかけて立つ、座っている時に足を組むなど、些細なことに少し気を掛けるだけでも骨盤の歪みを抑えることが出来ます。骨盤の歪みがなくなり、大転子を引っ込めることで、背筋もピンと伸びて足も細くなれば、下半身太り解消以外にもメリットは多いですね♪

スポンサードリンク

関連記事

  1. 大転子部の矯正方法と左右の位置が違う時の引っ込め方は?

  2. 太股・お尻が痩せない|下半身太りは骨盤・大転子部が原因?

  3. 大転子のストレッチ中にバキッと音がする?痛みの治し方

  4. 下半身太り解消、大転子を引っ込めるお尻歩きがデブ脱出の近道?

  5. 大転子を引っ込めた人だけ!痩せにくい太ももをスリムにする!

  6. 大転子を引っ込める!O脚の人に出っ張ってる人が多い?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る