menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

夜ご飯に悩んだときに最適!簡単に作れる4つのメニュー!

ついつい忙しくなってしまいがちな毎日で、食事バランスが崩れている人も多いでしょう。食事は健康的な生活を送る上でも非常に重要です。夜ご飯のメニューを気遣うことで、明日への活力を満たしていきましょう。

夜にも食べやすい大根サラダ

食物繊維は、コンビニを中心とした食事では不足してしまいがちなところです。野菜を中心に摂取するべき食物繊維は、食事の献立をこだわることで効果的に摂取できます。

そこで!夜メニューとして、オススメなのが大根サラダです。大根は血液をサラサラにする成分、イソチオシアナートが含まれています。スーパーでも価格帯が非常に安定していて、役立つ頼りになる食材です。

まず、皮をむいて千切りにしておきましょう。余ったドレッシングなどがあれば掛けて、カイワレ大根やシーチキン、寿司酢などを混ぜると殺菌性もあり、夏場でも食べやすくなります。作りやすい大根サラダは一品としてパパっと作れるメニューです。

スポンサードリンク

おつまみにも最適な厚揚げ、ゴボウ

続いてご紹介するのが、お酒のおつまみにもなるオススメな夜ご飯、厚揚げです。食べやすいサイズに切ったら、ごま油などを引き、焼きましょう。フライパンでもオーケーです。

醤油や出汁で味を調整し、ネギやごま、かつおぶしを掛けたら完成です。総菜として売っている厚揚げを一品料理としてパワーアップさせることが出来ます。

ゴボウは食物繊維の王様

食物繊維の王様として有名なのがゴボウ。ゴボウを効果的に扱ったメニューもご紹介しましょう。薄切りに斜めに切り、あく抜きをしておきましょう。

ゴボウとバター、塩をレンジに掛け、加熱します。目安は500wで一分半ほどです。これでゴボウの堅さが緩和されます。油を引いたフライパンで焼き、黒コショウなどを加えましょう。ピザ用チーズも大変美味しく、ゴボウの洋風アレンジとしても向いています。

スポンサードリンク

さっぱりメニューの冷や奴

さっぱりとしたメニューを頂きたい時に効率的なメニューも覚えておきましょう。夜ご飯にも最適な冷や奴は、アレンジが万能な作りやすいメニューです。オススメは絹豆腐です。柔らかさが感じられ、冷や奴には絹が最適です。

あらかじめミネラルウォーターに数分浸けておくと美味しさがアップします。ポン酢やサーモン、青ネギを加えればオシャレなメニューが完成です。腹にももたれず、夜に食べても安心のメニューです。

魚介系と豆腐の組み合わせは他にも有効で、マグロなども非常に合います。即席の鉄火丼にアレンジを加える方法として、絹豆腐は最適メニューです。保存も利くので、豆腐のストックは多めに保持しておくと夜食メニューには最適です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 運動なしで痩せる?夜ご飯抜きダイエットは効果があるの?

  2. 夜ご飯の献立に迷ったらコレ!実践簡単・お手軽レシピ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る