menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

肩こりと手のしびれの関係は?原因はストレートネック?

最近、肩こりがひどく、手のしびれまで伴う、そんな症状に悩まされていませんか?

実際、ひどい肩こりに悩まされている方は多いです。パソコンなど、自宅でも職場でも、同じ姿勢でいることが多くなっていることも原因の一つです。

手のしびれが気になっても、肩こりとは別モノと考えている方が、ほとんどではないでしょうか?

ストレートネックが原因?

肩こりと、手のしびれは一見、無関係に思えます。肩こりと、手のしびれには密接な関係があり、原因の一つにストレートネックがあります。ストレートネックとは、パソコンに向かう仕事や、デスクワークなどで長時間、同じ姿勢でいることで、頚椎(首の骨)がまっすぐ伸びた状態になることです。

本来、頚椎は重さ約5キロほどある頭部を支えるため、カーブしています。ストレートネックの状態が続くと、本来カーブしている頚椎が真っ直ぐになり、首への負担が通常よりも多く掛かるようになります。

頚椎が真っすぐに変形すると、脊椎から伸びている無数の神経が、圧迫されることになります。肩こりや、手のしびれは、この神経の圧迫からきています。他には血液中に溜まった老廃物も、肩こりの原因として考えられます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

効果的な解消の仕方

ストレートネックの解消方法

ストレートネックの解消に大切なことは、本来の頸椎(首の骨)のカーブを取り戻すことです。簡単な解消方法は、睡眠時、首とふとんの間にバスタオルを丸めて置く方法です。バスタオルを丸めて置くことで、アゴが自然と上を向き、首が本来のカーブを取り戻し矯正することができます。

血液中に溜まった老廃物の解消方法

まずフェイスタオルを用意します。このフェイスタオルを40~50度程度に温めたお湯の中に入れて、軽くしぼります。温めたフェイスタオルを症状の出ている側の肩に乗せ、しばらく放置します。しばらくすると、タオルが冷めていくので、またお湯の中に入れてしぼり、肩に乗せることを繰り返します。

熱いタオルを肩に乗せることにより、血管が収縮します。熱いタオルが徐々に冷めていくと、血管が拡大していき、勢いよく血液が流れます。このときに溜まった老廃物も勢いよく流してくれます。血管が収縮、拡大を繰り返すことで、肩こりの解消にもつながります。

ひとつ注意してほしいのが、肩がこったから、といって強く揉むことはしないで下さい。心地良い範囲でほぐすのは効果がありますが、強く揉み過ぎると、筋肉が炎症を起こし、症状を悪化させる原因になることがあるので注意して下さい。

ストレートネックは、今や現代人が抱える悩みの一つです。今回ご紹介した解消法は、今日からすぐに始められるものです。肩こりや、手のしびれに悩まされている方は、ぜひ試してみて下さい。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 首と肩が痛い!これって整体だけで改善するのは難しいの?

  2. 毎日、筋トレするのは間違え?肩を効率よく鍛える方法!

  3. ストレッチの効果が出ないのはなぜ?ひどい肩こり改善!

  4. 肩が痛い!病院(整形外科)・整骨院・整体はどこが先なの?

  5. 左の肩が痛い!?これって四十肩・五十肩の症状なの?

  6. 50肩の原因は?血流が悪くなると、急に肩が痛くなる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る