menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

筋肉痛と肉離れは違うの?太ももの辛い痛みの治し方は?

太ももの筋肉痛

太ももの表側には大腿四頭筋という人体で最も強くて大きい筋肉があります。大腿四頭筋の働きは下腿(膝から下)を曲げたり、伸ばしたりすることです。

大腿四頭筋を鍛えると脚力が上がり、ジャンプ力やキック力、ダッシュ力など、下半身の力がつく他、上半身を支えるために力を発揮できるようになります。また、太ももの筋肉は回復が遅い部位に分類されており、長期にわたる負荷が蓄積することで、筋肉痛になることがあります。

しかし、大きく発達している大腿四頭筋がつったり、肉離れになるようなケースはあまり考えられません。十分なウォーミングアップや、ストレッチ不足が原因と思われます。もしくは瞬間的に大きな負荷を支える必要があった。といった例も考えられます。

スポンサードリンク

筋肉痛と、肉離れの違い

筋肉痛のメカニズムは解明されていないので、何が違うと厳密に説明することはできませんが、明確に違う点があります。それは痛み方と、痛み出すタイミングです。

一般的な筋肉痛は、遅発性筋肉痛と言い、運動したあと数時間から、数日後に発生します。これは筋線維が損傷し、それが修復される過程で痛みが発生するものであり、主に鈍痛です。

肉離れは、(筋線維を包んでいる)筋膜が損傷し、筋膜に接合する神経から、痛みが発生します。また、肉離れは動作痛で、圧痛や、ストレッチ痛があります。肉離れを起こすと即痛みを伴います。痛み方と、痛み始めた時期から、おおよそ区別できます。

筋肉痛の治し方

激しい運動を行った後は、運動によって切れた筋線維などができ、炎症を起こし熱を持っています。熱を取り除くため、アイシングをしましょう。運動後にクールダウンをして、患部に熱や、炎症がみられないようでしたら、温めても構いません。

ですが、痛みが強くなるようでしたら、温めるのを中止して、痛みのピークが過ぎ、炎症が治まるまで患部を冷やしましょう。翌日からは、炎症も収まり、痛みのピークも過ぎているので冷やす必要はなく、血流を良くするために患部を温めましょう。

肉離れの治し方

肉離れ直後の対処

安静・冷却・圧迫・挙上を徹底します。重症例を除いて手術になることはありません。どの程度まで筋肉を伸ばせるか(ストレッチ)で、重症度を判別できます。軽傷の場合は、痛みは伴いますが、ほぼ普段通りの動きが可能です。重症になると、ほとんど動かすことができません。

肉離れの治療

まずは医師の診療を受けて下さい。重症度によって、安静~内服薬など、治療法が異なります。温熱療法や、マッサージをしながら可動域を広げる訓練、筋力を戻す訓練、スポーツであれば、それに向けた訓練へと、段階を踏んだ治し方があります。またマッサージと、ストレッチは予防にも効果的です。

スポンサードリンク

まとめ

筋肉痛と肉離れは、痛み方と痛み始める時間で、おおよそ検討がつきます。肉離れは、医師の診療のもと治します。再発しやすいので、個人の判断は禁物です。

筋肉痛、肉離れの予防にはマッサージや、ストレッチで筋肉を柔らかい状態で使ってあげることです。日ごろからの柔軟体操は、可動域を広げるだけでなく、怪我や、故障の予防になります。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 筋肉痛の治し方|姿勢から痛み?身体に負担のない歩き方

  2. 筋肉痛の治し方|教えて!無理に動かさない方が良いの?

  3. 筋肉痛の治し方!太ももはどう治した方が効果的?

  4. 筋肉痛の原因は運動不足も関係ある?太ももは回復が遅い

  5. 筋肉痛の治し方|マッサージ・湿布でも効果が出ないのは

  6. 筋肉痛の治し方|ジョギング初心者!太ももの外側ばかり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る